手軽に始められる仕事のリスク

風俗嬢ほど資格や学歴・経歴が不要という職業も少ないでしょう。
今の風俗店はひじょうにバラエティーに富んでおり、若い女の子だけではなく超熟女専門店やデブ専店なども多数存在し、かつてあった年齢的な制限や容姿に関してのハードルすら消滅し、性別が女性であれば誰でも就業できるという手軽さがあります。
ただ利用する男性側の要望は容姿やスタイルが何でも良いというワケではなく、個々の性的嗜好にあわせ、なおかつクオリティーの高いものが求められています。
ワリと「来る者は拒まず」の傾向がある風俗業界ですが、稼げるか稼げないかの話になると別物でお客さんの支持を得られない女の子は自然とヒマをもてあまし、待機の連続でお金すら稼げずに業界を去っていくこともしばしばです。
カンタンに就業できる反面、稼ぐということになるとそれなりのテクニックやセールスポイント、営業努力は必要となります。
またこうしたお店で働く女性にはさまざまな誘惑があるために、そうしたモノを跳ね除ける自己管理や自己防衛の心がけが必要です。
「お客にせがまれるのでナマ本番ばかりしていたら妊娠してしまった」「消毒やチェックを疎かにしていたらヒドイ性病を貰ってしまった」というケースもあるのです。
風俗というお仕事は手軽にその業界に入れるだけではなく、他のお仕事と比べものにならないぐらいの時給で稼ぐことができるお仕事ですが、反面さまざまなリスクを女の子に課してまいります。
性病などの感染症のリスクだけではなく、知人や家族に風俗で働いていることがバレてしまった場合などもその後の生活に大きな支障がでることでしょう、稼ぎが多くなったことによって生活レベルを上げてしまった場合などは稼ぎが減った時や風俗を引退した際などにその生活を維持していくことにかえって四苦八苦してしまう場合もあります。
そうしたリスクを心のどこかにいつも置いておきながらお仕事をすることが風俗で働く女性たちには必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です